スポンサードリンク

2009年07月14日

不眠症の治療法

不眠症の治療法

不眠症の治療法は色々なものがあります。

まず一番多い精神的ストレスが原因での不眠の場合は、まずそのストレスとなる根本原因を
解決することが一番重要な治療法となります。

まわりの家族、友人、知人や専門カウンセラーや保健師さんなどに話をきいてもらうことから
始めましょう。人に話すだけでもストレス発散になります。

また音楽や映像によって身体的にリラックスすることでストレス発散させる方法などもあります。

あるいは規則正しい生活習慣をきちんとするということもいいでしょう。

早起きして日中、太陽の光を浴びるたり、身体を動かす軽い運動などをするのもよいでしょう。
眠らなければいけないとあせるのではなく、「眠くなったら寝ればいい」というように
気軽に考えましょう。

お茶やコーヒー、紅茶などのカフェインは刺激物ですにで控えたほうが無難でしょう。
自分の寝る環境を寝やすい枕や布団変えて眠れる環境作りをしてみるなど個々に合わせて
様々な方法が考えられます。

自分にぴったり合いそうなものをいろいろとやってみましょう。
しかし、このような気分転換をしても改善されない場合は一度専門家にみてもらって
きちんとした診断を受けるといいでしょう。

専門家にみてもらって診断されると、薬物による治療が行われることがあります。
代表的なものとしては、睡眠を促す「睡眠導入剤」の利用です。

「睡眠導入剤」は、睡眠時の不安を取り除き寝つきを良くするための薬です。
一般的には睡眠薬といわれるものです。

また、抗不安剤や精神安定剤を睡眠薬として用いる場合もあります。
いずれにしても処方する量がきちんと決められていますので、
専門家による処方のもとできちんと服用し、不眠症を改善していきましょう。



posted by 不眠症対策 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症の治療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

不眠症の原因

不眠症の原因

不眠の原因としては色々なことが考えられます。
もっとも多いものとしては、「精神的心理的原因」によるものがあります。
精神的ショックや急激なストレス、生活上の不安などに対して一時的にあらわれる不眠です。

次に「精神的医学的原因」によるものがあります。
精神科、心療内科でみられる精神疾患(うつ病、うつ状態、神経症、総合失調症など)
すべてにおいて不眠があらわれます。

次に「身体的原因」によるものがあります。
狭心症や心不全、不整脈などの発作や気管支喘息、肺疾患などによる呼吸困難や、
アトピー性皮膚炎などによるかゆみ。その他の疾患による痛みや発熱などによる不眠です。

このような場合は内科的治療が必要となります。
まれな例ですが、てんかんが夜間に起こり不眠が起こることもあります。

次に「薬物使用、アルコール依存」が原因の場合があります。
アルコールを飲まないと眠ることができない、薬を飲まないと眠ることができないといった
強い依存性で寝ても眠りが浅くてすぐに目覚めてしまいます。

またアルコールを飲まないと眠れないという悪循環を繰り返すことが多いのです。
タバコや降圧剤、ステロイド、甲状腺剤などの原因によるものもあります。

他に「生理的原因」もあり、引越しなどによる生活環境の変化、気温や騒音など
睡眠時の環境による影響など色々あります。

これらの不眠原因を踏まえながら、不眠症治療方法があるのか考えましょう。



posted by 不眠症対策 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

不眠症とは?

不眠症とは?

今の現代社会では様々なストレスが原因で不眠症で悩んでいる人が多いです。
日本においては、人口の約20%の人が不眠症で悩んでいます。

不眠症とは、いつもよりも睡眠時間が短くなることによって
身体的あるいは精神的に不調が表れることです。

不眠症には、枕が変わると眠れない、心配事があって眠れないなどの
一時的な環境の変化や精神的なもので数日間眠ることができない一過性不眠。
これに対し1〜3週間継続して持続して眠ることができないことを短期不眠。

一過性不眠や短期不眠は一時的なものが多く原因がわかれば解決することが
多いので専門医の診断は必要ありません。

しかし、1ヶ月以上に及んで不眠が継続するとそれは長期不眠となり、
なにか原因が考えられるため専門医の診断を仰いだ方がいいでしょう。

不眠症の症状として色々ありますが、まず、入眠障害といわれるものがあります。
寝よう寝ようと意識すればするほど寝られなくなるという寝つきが悪い症状です。
寝つきに30分〜1時間以上かかると定義されています。
しかし、いったん眠ることができれば朝まで眠ることが可能です。

次に熟眠障害といわれるものがあり、眠りが浅くてすぐに起きてしまう症状です。
夢をよくみて熟睡できないタイプです。
睡眠時間は十分取れていても、眠りが浅いので満足感が得られないタイプです。

次に早朝覚醒といわれるものがあり、高齢者に多いタイプです。
朝早く目が覚めて、それ以上眠ることができない症状です。

最後に中途覚醒です。
これは寝ている間に何度も目を覚ましてしまう症状です。
以上が不眠症の様々な症状です。

不眠症には様々な要因が考えられますので、不眠の要因について考えて、
この不眠症をどのように改善していけばよいのか考えてみましょう。


posted by 不眠症対策 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠症とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。